傾聴

今回は「3つの傾聴レベル」というテーマでお話をさせていただきます。 レベル1の傾聴は、コーチングバイブルでは「内的傾聴」と書かれています。 よくありそうな法律相談を例にとって話をします。例えば、お父さんが亡くなり(被相続人はお父さん)、相続人は子である長男及び次男の二名だけで、お父さんが生前に公正証書遺言を作成していたというケースを想定しましょう